マチルダ 禁断の恋 フル動画無料視聴方法

マチルダ 禁断の恋
2017年製作/108分/ロシア 予告動画を検索
1890年代後半、ロシア王位継承者・ニコライ2世は、世界的なバレリーナのマチルダにひと目惚れする。彼らの恋は激しく燃え上がるが、父の死や政略結婚、外国勢力の隆盛、さまざまな事件が起こり、滅びゆくロシア帝国とともに2人は引き裂かれようとしていた。
出典: U-NEXT
U-NEXTで動画を見る
\31日間無料/

ライター/ジョセフ

見たい映画はDVDや動画配信サービスではなく、なるべく映画館に足を運んで見るようにしています。これからも素晴らしい映画との出会いを大切にしていきたいと思います。

解説/noir編集部

当サイト(noir-movie)を運営中。

#01
マチルダ 禁断の恋
フル動画無料視聴方法

「マチルダ 禁断の恋」はU-NEXTの無料期間を利用して0円で視聴することができます。

U-NEXTは31日間のお試し期間が設定されており、期間内に解約すれば料金が発生しません。

「マチルダ 禁断の恋」
無料視聴の流れ
STEP.1 登録
U-NEXTに登録(2~3分程度)します。登録方法は、以下の通りです。
U-NEXTの登録方法
U-NEXTの登録方法1
「まずは31日間無料体験」を選択し、登録画面に移動します。
U-NEXTの登録方法2
お客様情報を入力し、「次へ」を選択します。
U-NEXTの登録方法3
決済方法を入力して「送信」を選択すると、会員登録は完了です。黄線の日付までに解約を完了すると料金は一切発生しません。
STEP.2 視聴
登録後は、すぐに作品を視聴できます。「マチルダ 禁断の恋」と一緒に以下の作品も配信中です。
STEP.3 解約
登録から31日以内にU-NEXTを解約(2~3分程度)します。解約方法は下記のとおりです。
U-NEXTの解約方法
U-NEXTの解約方法1
「契約内容の確認・変更」を選択します。
U-NEXTの解約方法2
「解約はこちら」を選択します。その後2~3回「次へ」が続きます。
U-NEXTの解約方法3
「同意する」に✓を入れ、「解約する」を選択します。
U-NEXTの解約方法4
以上で解約は完了です。念のため「契約内容の確認・変更」を選択し、利用中のサービスがなくなっていることを確認すると安心です。
無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上
U-NEXTで動画を見る
\31日間無料/

#02
マチルダ 禁断の恋
作品情報

「マチルダ 禁断の恋」はアレクセイ・ウチーチェリ監督によって、2017年に製作されているラブストーリーになります。

マリインスキー劇場で行われた2017年10月のワールドプレミア上映の後に、日本でも2018年の12月8日に全国ロードショーされました。

「The Edge」や「暴走機関車 シベリア・デッドヒート」などメガホンを取ったのは、歴史ドラマからアクションまでを取り扱う映画作家です。

本国ロシアでは映画配給元のシンカ社への妨害行為や、火炎瓶焼き討ち事件にまで発展した曰く付きの作品に仕上がっています。

ロシアの皇太子とプリマドンナとの悲恋を、実話をもとにして大胆に描く問題作です。

作品データ

上映時間108分
製作年2017年
製作国ロシア
原題Mathilde
配給シンカ
公式サイト映画『マチルダ 禁断の恋』公式サイト

#03
マチルダ 禁断の恋
予告動画・あらすじ

予告動画

あらすじ

「マチルダ 禁断の恋」はアレクセイ・ウチーチェリ監督によって、2017年に製作されているラブストーリーになります。

マリインスキー劇場で行われた2017年10月のワールドプレミア上映の後に、日本でも2018年の12月8日に全国ロードショーされました。

「The Edge」や「暴走機関車 シベリア・デッドヒート」などメガホンを取ったのは、歴史ドラマからアクションまでを取り扱う映画作家です。

本国ロシアでは映画配給元のシンカ社への妨害行為や、火炎瓶焼き討ち事件にまで発展した曰く付きの作品に仕上がっています。

ロシアの皇太子とプリマドンナとの悲恋を、実話をもとにして大胆に描く問題作です。

#04
マチルダ 禁断の恋
キャスト・スタッフ

監督
アレクセイ・ウチーチェリ
脚本
アレクサンデル・チェレホヴ
原作
-
出演
ラース・アイディンガー
ミハリーナ・オルシャニスカ
ダニーラ・コズロフスキー
ルイーゼ・ウォルフラム
インゲボルガ・ダプコナイテ
トーマス・オスターマイヤー
サラ・スターン
グリゴリー・ドブリギン
エフゲニー・ミロノフ
セルゲイ・ガルマッシュ
音楽
マルコ・ベルトラミ
製作
アレクセイ・ウチーチェリ

#05
マチルダ 禁断の恋
見どころ

禁じられたふたりを熱演

最期の皇帝としての威厳と人間らしい迷いを合わせ持った、ニコライ2世をラース・アイディンガーが演じていきます。

地元のシャウビューネ劇場では、シェイクスピア劇の俳優として舞台に立ち続けている演技派の役者さんです。

愛する女性を捨てて復讐に走るデンマークの王子ハムレットや、甥を幽閉して権力を掌握したリチャード3世などスキャンダラスな王族役には縁がありますね。

トップクラスのバレリーナにして情熱的なヒロイン、マチルダ・クシェシンスカヤ役にミハリナ・オルシャンスカが扮しています。

自国のポーランドで活動を続けていた無名の若手女優が、高倍率のオーディションを突破して大役が掴んだというこぼれ話にも繋がるものがありました。

誰よりも自由と芸術を愛した王子さま

当時のロマノフ王朝を支配していた旧弊的な価値観や考え方にも囚われることなく、自由気ままに生きるのがニコライ2世のポリシーです。

芸術全般を深く愛する感受性に恵まれた人柄であり、その興味対象はバレエだけに止まることはありません。

19世紀末には貴重だった映写機を、自室に持ち込んでいるのにはビックリですね。

多忙な公務の合間を縫っては、お気に入りのフィルムコレクションを家族と一緒に楽しんだという逸話には心温まりました。

戴冠式にはわざわざフランスからカメラマンを呼び寄せて、ドキュメンタリーとして撮影させたという熱心さはプロの映画監督にも負けていません。

別の時代の別の国に生まれていたならば、さぞかし素晴らしいアーティストになったであろうと想像を膨らませてしまいました。

旧きと新しきがぶつかる街

間も無く20世紀を迎えようかという期待感と、帝政時代が終わりを告げるたそがれムードが入り雑じったロシアが舞台になります。

若き日のニコライ2世とマチルダとが運命的なめぐり逢いを果たすのが、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場です。

周辺には劇場広場という愛称で市民たちから親しまれているイサーク広場があり、中央に聳えるニコライ1世の銅像が睨みを利かせていました。

終盤では新皇帝の姿を一目見ようと群衆がこの広場に押し寄せてくることによって、思わぬ悲劇の引き金となる場所でもあります。

ニコライ2世の戴冠式が行われるウスペンスキー大聖堂の厳かな佇まいや、美術館のような内部も神秘的な雰囲気に満ちあふれていて必見です。

マチルダ 禁断の恋の好きなところ

#06
マチルダ 禁断の恋
感想・評価

運命の列車とパワフルお父さん

映画の冒頭で時のロシア皇帝であるアレクサンドル3世を載せた列車が、脱線事故に巻き込まれる場所はボルキです。

父親のアレクサンドル2世がガラス管式の手榴弾を使用したテロで爆殺されているだけに、何とも不吉な幕開けでした。

極限状況下においても自らの生命を顧みることなく、持ち前の怪力を発揮して愛する子供たちを助け出す国家元首の勇敢さに胸を打たれます。

この時に父親の機転によって命を取り留めたあどけない表情を浮かべた男の子が、後に一国を揺るがす恋に墜ちていくとは夢にも思いません。

事故によってアレクサンドル3世は終生体調不良に悩まされることとなり、次期皇帝として息子の脚光を浴びていくのがニコライ2世です。

華やかなステージとドロドロの舞台裏

18世紀半ばにまで遡るほどのマリインスキー・バレエ団の歴史の奥深さと、帝室の寵愛の深さが伝わってきました。

世界4大バレエ団として称えられるほどの、トップクラスのバレリーナたちの優雅なダンスには圧倒させられます。

それとは対照的に楽屋裏や舞台袖で密かに進行していく、ダンサー同士の非凡中傷や足の引っ張り合いが醜いです。

ライバルによって本番前に衣装に細工をされたマチルダが、観衆の前であられもない姿を晒してしまう場面に胸が痛みました。

大勢の哀れみと好奇の眼差しに屈することもなく、最後の最後まで踊り続けていく彼女のプロ意識の高さに感心させられます。

この時のマチルダの鮮烈な姿に、観客席にいたニコライ2世がすっかり心を奪われてしまうのも無理はありません。

ふたりの恋路を阻む者

王室が主宰する協議会での一幕がきっかけとなって、急接近していくニコライ2世とマチルダが微笑ましかったです。

ふたりの想いが強く高まっていくにつれて、徐々に激しくなっていく周りの人たちの無理解には憤りを覚えました。

以前からマチルダに付きまとっていて、やがてはストーカー化していくヴァロンツォフ大尉など危険人物ばかりです。

本来であれば息子の味方に回るべきはずの母・マリアが、イギリス王室との政略結婚まで企ててしまう浅ましさには呆れてしまいます。

皇帝の玉座に座って安定した一生を送るのか、それとも全てを投げ打ってでもマチルダと逃避行に繰り出すのか。

目の前に突き付けられた究極的な二者択一と、悩み苦しみ抜いた果てにニコライ2世が下した決断が衝撃的でした。

みんなの感想・評価

#07
マチルダ 禁断の恋
まとめ

王室を巡って遠慮のないセンセーショナルな描写もありますので、母国ではお蔵入りになりかけたのも致し方ありません。

「映画を批判することは建設的、上映を禁止することは非建設的」という、ひとりの高名な司教の言葉が全てを物語っています。

表現の自由を守り抜くべきなのか王室へと冒涜と捉えるべきなのか、純愛なのか不貞なのか、傑作なのか駄作なのか。

その判断は国家による検閲でもなくレビューサイトの評価でもなく、観客ひとりひとりが自分自身の目で確かめるしかありません。

エリノア・グリンの古典的名作「ペテルスブルグの恋人」や、アナトール・リトヴァク監督作「うたかたの恋」等。

報われないロマンスをテーマにした文学や映像作品に興味がある皆さまは、是非ともこの1本をご覧になって下さい。

無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上
U-NEXTで動画を見る
\31日間無料/