ガーンジー島の読書会の秘密 フル動画無料視聴方法

ガーンジー島の読書会の秘密
2018年製作/124分/フランス・イギリス合作 予告動画を検索
1946年、終戦直後のロンドンに暮らす作家・ジュリエットは、1冊の本をきっかけに“ガーンジー島の読書会”メンバーと手紙を交わすように。読書会について記事を書こうとジュリエットは島を訪ねるが、そこでメンバーと交流するうち、彼女はある秘密に気づく。
出典: U-NEXT
U-NEXTで動画を見る
\31日間無料/

ライター/ジョセフ

見たい映画はDVDや動画配信サービスではなく、なるべく映画館に足を運んで見るようにしています。これからも素晴らしい映画との出会いを大切にしていきたいと思います。

解説/noir編集部

当サイト(noir-movie)を運営中。

#01
ガーンジー島の読書会の秘密
フル動画無料視聴方法

「ガーンジー島の読書会の秘密」はU-NEXTの無料期間を利用して0円で視聴することができます。

U-NEXTは31日間のお試し期間が設定されており、期間内に解約すれば料金が発生しません。

「ガーンジー島の読書会の秘密」
無料視聴の流れ
STEP.1 登録
U-NEXTに登録(2~3分程度)します。登録方法は、以下の通りです。
U-NEXTの登録方法
U-NEXTの登録方法1
「まずは31日間無料体験」を選択し、登録画面に移動します。
U-NEXTの登録方法2
お客様情報を入力し、「次へ」を選択します。
U-NEXTの登録方法3
決済方法を入力して「送信」を選択すると、会員登録は完了です。黄線の日付までに解約を完了すると料金は一切発生しません。
STEP.2 視聴
登録後は、すぐに作品を視聴できます。「ガーンジー島の読書会の秘密」と一緒に以下の作品も配信中です。
STEP.3 解約
登録から31日以内にU-NEXTを解約(2~3分程度)します。解約方法は下記のとおりです。
U-NEXTの解約方法
U-NEXTの解約方法1
「契約内容の確認・変更」を選択します。
U-NEXTの解約方法2
「解約はこちら」を選択します。その後2~3回「次へ」が続きます。
U-NEXTの解約方法3
「同意する」に✓を入れ、「解約する」を選択します。
U-NEXTの解約方法4
以上で解約は完了です。念のため「契約内容の確認・変更」を選択し、利用中のサービスがなくなっていることを確認すると安心です。
無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上
U-NEXTで動画を見る
\31日間無料/

#02
ガーンジー島の読書会の秘密
作品情報

「ガーンジー島の読書会の秘密」は、2019年の8月30日から全国ロードショーされている歴史ドラマになります。

「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」や「コレラ時代の愛」などメガホンを取っているのは、アドベンチャードラマから文芸作品の映像化にまで挑むマイク・ニューウェル監督です。

メアリー・アン・シェイファーとアニー・バロウズによる2008年の共著、「The Guernsey Literary」が実写化されました。

全274ページに及ぶ長編小説が、ドン・ルースとケビン・フッドの共同執筆によって124分の脚本に纏め上げられています。

ナチス政権の支配下に置かれたイギリス海峡に浮かぶ小さな島で、愛と自由を守り抜いた名もなき人々の感動作です。

作品データ

上映時間124分
製作年2018年
製作国フランス
イギリス
原題The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society
配給キノフィルムズ
公式サイト映画『ガーンジー島の読書会の秘密』公式サイト

#03
ガーンジー島の読書会の秘密
予告動画・あらすじ

予告動画

あらすじ

小説家として活躍してきたジュリエット・アシュトンでしたが、第2次世界大戦の影響によって執筆活動の中断せざるを得ません。

ようやく再開の目通しが立ったのは5年の歳月が経過した1946年のことで、優秀なエージェントのシドニー・スタークのお陰でもあります。

大手出版社から刊行された最新作の売れ行きも好調なある日のこと、ジュリエットが受け取ったのは1通の手紙です。

差出人の欄にはドーシー・アダムズという名前の男性が記されていて、地元でアマチュアの読書会を立ち上げたほどの熱心な愛書家でした。

親切なジュリエットがドーシーのために1冊の本を送ってあげたことがきっかけで、ふたりの交流が始まっていきます。

文通を介してジュリエットは戦時中に島で不遇の生涯を送ったある女性について興味を持ち、次回作のネタにするために現地へと渡るのでした。

#04
ガーンジー島の読書会の秘密
キャスト・スタッフ

監督
マイク・ニューウェル
脚本
ドン・ルース
ケヴィン・フッド
トーマス・ベズーチャ
原作
メアリー・アン・シェイファー
アニー・バロウズ
出演
リリー・ジェームズ
ミキール・ハースマン
グレン・パウエル
ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
キャサリン・パーキンソン
マシュー・グード
トム・コートネイ
ペネロープ・ウィルトン
音楽
アレクサンドラ・ハーウッド
製作
マイク・ニューウェル

#05
ガーンジー島の読書会の秘密
見どころ

文芸ロマンを彩る名優たち

苦難に満ちた過去の記憶から立ち直り未来へと歩んでいく、ジュリエット・アシュトン役はリリー・ジェームズです。

ジェーン・オースティンのパロディー文学を原作にした、「高慢と偏見とゾンビ」では、未知の怪物と戦うドレス姿のご令嬢。

シャルル・ペローの永遠の児童文学を実写化した「シンデレラ」では、ガラスの靴と自らの意志によって運命を切り開いていくヒロイン。

これまでも数多くの文芸作品に抜擢されてきただけに、今作でも新進気鋭の女流作家にピッタリと填まっていました。

ジュリエットの婚約者にして典型的なアメリカ人、マーク・レイノルズ役を演じているのはグレン・パウエルです。

熱々のジュリエットとマークの間に恋のライバルとして立ちはだかる、ドーシー・アダムズ役のマイケル・ユイスマンも好演しています。

まるっきり正反対なふたりの魅力的な男性に挟まれた、ジュリエットの困惑と意外な選択にも注目してみて下さい。

文学を武器に戦う彼女

映画の冒頭でジュリエットは愛読者への日頃の感謝の気持ちを表すために、新作出版記念のサイン会を開催しました。

ちょっぴり意地悪なファンからはこれまでジュリエットが、「アイザック・ビッカースタッフ」という男性的なペンネームで作家活動を続けていたことを突っ込まれてしまいます。

女性の社会進出が厳しく制限されていた、当時のイギリス社会の閉鎖的な風潮を垣間見ることが出来る一幕です。

一方では腕利きの編集者でもありジュリエットの代理人を務めている、シドニーのような良き理解者もいました。

ふたりの間で築き上げていくパートナーシップは生き馬の目を抜く出版業界において戦友のようであり、男と女のしがらみに捉われることはありません。

先の大戦によって父親を失ったジュリエットは、しばしば戦時中の恐怖体験からフラッシュバックに襲われていました。

愛する人との痛切な死別を乗り越えていくために、怒りをぶつけるかのようにタイプライターを打つ姿に勇気を貰えますよ。

霧の都の華やかさと溢れる人情味

映画前半ではジュリエットが仕事と生活の拠点を置いている、ロンドンの街並みが華やかに映し出されていました。

2階建ての赤いバスが颯爽と駆け抜けていくワンシーンには、旅番組や名曲アルバムのような情緒が溢れています。

予想を上回る印税が転がり込んできたジュリエットが、新居を探すべく不動産屋巡りをする場面も楽し気ですね。

窓から見えるのは丸いドーム屋根が特徴的な演劇場のロイヤル・アルバート・ホールや、ピーターパンの銅像が目を引くケンジントン公園です。

紆余曲折の末にジュリエットが落ち着いた場所は、以前にもお世話になった下町の情緒がたっぷりなアパートでした。

屋根裏部屋のような簡素な作りなために夜間にタイプライターのキーを叩く音まで丸聞こえで、プライバシーも何もありません。

何かにつけて口うるさい下宿先の女将さんにも、何時しか実家のような居心地の良さが涌いてくることでしょう。

ガーンジー島の読書会の秘密の好きなところ

#06
ガーンジー島の読書会の秘密
感想・評価

順風満帆な彼女が向かう先

大勢の国民が戦後復興のお祭りムードで浮き足立っているロンドンで、静かに新作のアイデアを練り上げていくジュリエット・アシュトンの横顔から幕を開けていきます。

流行小説家としての社会的地位と経済的な豊かさにも恵まれて、恋人のマーク・レイノルズとのお付き合いも順調です。

同世代の女性たちが羨む全てのものを手中にしているようなジュリエットが、時おり見せる寂しげな眼差しが気になりました。

ふとしたきっかけで舞い込んできた1通のファンレターが、順風満帆だった彼女の人生をドラマチックに変えていきます。

美しい風景の中に残る戦争の爪痕

大都会ロンドンの喧騒を抜け出して、緑豊かな海と山に囲まれているガーンジー島へと降り立った時の解放感は格別です。

見る見るうちに地元の人たちと打ち解けていき、すっかりこの場所での暮らしを謳歌するジュリエットには心温まるものがありました。

目を奪われるような海岸の絶景の片隅にも、ナチス時代における負の遺産である岬の砲台が聳えたっているのが痛々しいです。

大自然の中で無邪気に遊び回っているキットの母親、エリザベス・マッケンナも戦時下の不条理な暴力が原因で既にこの世にはいません。

明かされた秘密と向き合う

島の皆が頑なにキー口を閉ざし続けていた、エリザベスの秘密が明かされていく後半の展開に引き込まれていきました。

自分自身が生き延びるためには密告者へと成り下がっていく、人間誰しもが心の奥底で抱えている弱さが浮き彫りになっていきます。

それとは対照的に見ず知らずの少年を救うために全てを擲って、戒厳令が敷かれた夜の島を奔走したエリザベスの逸話が感動的です。

ひた隠しにされてきた真実へとたどり着いたジュリエットが、作家としての名誉以上に大切なものに気がつく瞬間を鮮やかに捉えていました。

みんなの感想・評価

#07
ガーンジー島の読書会の秘密
まとめ

文学に携わる者としても平和を次の世代に語り継いでいく者としても、一回り成長を遂げたジュリエット逞がしく映ります。

突如として突き付けられた二者択一にも迷うことなく、自分が信じた道のりを行く後ろ姿とクライマックスで見せた笑顔が忘れ難いです。

彼女の側に寄り添っている予想外の人物と、ふたりの旅立ちを祝福するかのような前途洋洋たる眺めも胸に焼き付きました。

シェイクスピア劇からチャールズ・ラムまで、イギリス文学に纏わるこぼれ話や蘊蓄がふんだんに盛り込まれています。

熱心な読書家の皆さんばかりではなく、古書店巡りを趣味にしているコレクターの方たちも是非ともご覧ください。

無料期間が長い
31日間
登録・解約が簡単
それぞれ2~3分で完了
配信作品が多い
16万作品以上
U-NEXTで動画を見る
\31日間無料/