HOME | Staff

監督ヤマシタマサの写真

ヤマシタ マサ組紹介

  監督は『狂犬』(2016)と本作で夕張ファンタオフシアターコンペ連続入賞、夕張ファンタの孤高のアウトロー、ヤマシタ マサ。香港ノワールとタランテイーノアクションへのオマージュを込めた斬新な演出が映画ファンに熱狂的に支持される。撮影監督は若松孝二監督『我に撃つ用意あり』、三池崇史監督『ゼブラーマン』、最近では橋本一監督『探偵はBARにいる』の名匠田中一成。裏社会TOKYOの光と影の世界をシャープな映像で切り取っている。主演は小劇場での活躍が注目されている井上幸太郎。ほか木山廉彬(「仮面ライダービルド」)など、若き俳優陣が結集。また、名優寺田農が老練な芝居を披露。

瀬戸恒雄  エクゼクティブ・プロデューサー

神奈川県生まれ。
1970年東映入社。1977年より企画部プロデューサーとして、映画、ビデオ、TV、アニメなど多岐にわたって数々の作品を担当する。
プロデューサーとしては『Wの悲劇』『修羅がゆく』など、企画として『ダンプ渡り鳥』『別れぬ理由』などがある。
石井輝男監督作品『暴力戦士』は橋本新一と共同プロデュース作品である。

ヤマシタ マサ  監督・脚本・編集

大分出身。中央大学除籍

映像制作会社にて数十作品のミュージックビデオの制作、企画、演出に携わる。退社後、執筆した脚本「快楽ハイウェイ」がサンダンス・NHK国際映像作家賞2010にてセミファイナリストに。
映画「狂犬」にて、ゆうばり国際ファンタスティク映画祭2016オフシアター・コンペティション部門で入賞。
映画「東京ノワール」にて、ゆうばり国際ファンタスティク映画祭2018オフシアター・コンペティション部門で連続入賞。

田中一成   撮影監督

横浜放送映画専門学院(現日本映画大学)卒業後、フリーの撮影助手として映画、テレビの撮影に携わる。94年度文化庁芸術家在外研修員として米国、オーストラリアで研修を積む。

主な担当作品は橋本一監督他「探偵はBarにいる」「探偵はBarにいる ススキノ大交差点」「探偵はBarにいる3」、三池崇史監督「Dead or Alive 2逃亡者」「Dead or Alive Final」「極道恐怖大劇場 牛頭GOZU」「ゼブラーマン」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」、宮藤官九郎監督「少年メリケンサック」「中学生円山」、松本人志「R-100」,若松孝二「スクラップストーリー、ある愛の物語」「キスより簡単 2 漂流編」、「仮面ライダーThe First」「仮面ライダー The Next」、テレビドラマではNHK木曜時代劇「鼠、江戸を疾る1,2」,TBS火曜ドラマ「東京スカーレット」、TV朝日「スカイハイー2」、他Vシネマ多数がある。

日本映画撮影監督協会理事

東京藝術大学大学院映像研究科教授

34423(miyoshi fumi)  音楽

愛媛県出身、東京在住。電子音コラージュ音楽家。幼少より録音機器や楽器にふれ、独自の音創りをはじめる。容姿と相対する硬派なサウンドと鮮烈なヴィジュアルイメージで注目を集め、都内の大型フェスなどの参加や鈴木光司原作・福田陽平監督のホラー映画『アイズ』、田中佑和監督長編映画『青春群青色の夏』などをはじめ様々な映画の劇伴をつとめている。現在はダンスミュージックの新たなる実験として連続デジタルリリース中。

http://www.34423.jp/

 
  • プロデューサー:旭 正嗣
    アソシエイト・プロデューサー:塩月隆史
    録音 :飴田秀彦  雄二
    音響効果・MA: 雄二
    メイク: 上田 忍 坂口佳那恵
  • ガンエフェクト:  浅生マサヒロ
    エフェクト編集:佐藤麗雄
    衣装協力宮田弘子 特殊造形:土肥良成
    脚本協力:成瀬亨平
    アシスタント・プロデューサー:池 明浩
    配給:彩プロ